ピグマニオン効果とは【心理学】

ピグマニオン効果について具体例を入れて記事をまとめました。

【本記事の特徴】

○心理学のピグマニオン効果がわかる。

○ピグマニオン効果を正しく現実社会に落とし込む方法がわかる。

○部下を効率的に成長させる方法がわかる。

ピグマニオン効果とは

ピグマニオン効果とは、他者から期待されることにより成長が早まる心理効果をいいます。

たとえば、上司に褒められた部下は、もっと成績を伸ばして褒められたいという気持ちになる心理をいいます。

僕も誰からに褒められたらやる気がみなぎるタイプだよ!

ピグマニオン効果は別名「期待効果」とも言われています。

ピグマニオン効果が発覚した実験

1964年、アメリカの心理学者ロバート・ローゼンタールが、ある小学校で知能テストを実施した後に、担任と子ども達に向かって「実はこの知能テストはこれから成績が伸びる子を予測する心理テストだったんだ。そして、その結果から成績が伸びる子は君と君と・・・」と言ったそうです。

数ヶ月後、再び知能テストを実施した際、成績が伸びる子と言われた子どもは、言われていない子どもよりも明らかにテストの点数が良くなっていたという結果が出たそうです。

この結果から、成績が伸びる子と言われた子どもは、その期待に応えるべく自分で勉強の努力をしたことがわかりました。

ピグマニオン効果はここから生まれました。

この実験が教育現場を舞台にしていたせいか、現代社会の教育現場でもよく「ピグマニオン効果」という単語を先生同士で使ったりしているんだ。

ピグマニオン効果の具体例

ピグマニオン効果がわかってきたところで、実際にピグマニオン効果を使った具体例を説明していきます。

【上司と部下】

部下の成長を早めると、上司にとっては仕事が楽になり自分の仕事に集中できるようになります。

ピグマニオン効果は、相手に期待を感じさせて、その期待に応えたいという気持ちにさせる心理でしたが、相手に期待だけしても効果はあまりありません

必要なことは、期待と褒めることです。

過度な期待はNGですが、たとえば、

「君は仕事がキレイで良いね!だんだん仕事も早くなってきているし、本当に助かるよ!」

と部下に伝えると部下はどう思うでしょうか?

部下にとってこう見られたい、こう思われたい、こう評価されたいなどと感じる願望をリスト化すると、以下のようになります。

・頑張っている
・仕事がキレイ
・仕事が早い
・頼れる存在
・安心できる

大抵の部下はこの様に上司に評価されたいと思っています。

上司に上記の言葉を言われたとしたら、部下はもっと頑張ってくれることでしょう。

この頑張りたい気持ちを継続させてあげるのも上司の役目なんだよ!

さらに上司と部下の例を掘り下げてピグマニオン効果を説明していきます。

ピグマニオン効果を活かす具体的な方法は以下の通りです。

□ピグマニオン効果を活かす具体的方法

①裁量権を与える

②期待を言葉で伝え、且つ、褒める

③無理な課題を与えずに達成可能な課題を与える

④結果をみて、お互いに反省と改善

①まず部下にその業務を進める上で必要な裁量権を与えます。裁量権をもらう部下はそれだけで期待に応えたいと思うものです(ピグマニオン効果)。

②その業務を進める上で、どのような結果になることが望ましいのかを部下に伝え、期待します。その部下に過去の実績がある場合はそれを褒めます。もちろん、業務の過程でも褒めるべきところは言葉に出し褒めます。

③もちろん、無理で過度な課題や期待を部下にかけるのはNGです。逆効果になります。

④結果をみて、お互いに反省するとき、部下の良かった点はしっかりと言葉で伝えてください。そして改善点も伝えてください。

この①~④の繰り返しができる上司こそが会社を救う社員です。

ちなみに僕は不運なことにそんな上司に会ったことはないよ。むしろこんな上司が少ないからブラック会社が多く存在するんだ!

ピグマニオン効果の注意点

ピグマニオン効果を意図的に取り入れるとき、注意点がいくつかあります。

ピグマニオン効果は自分の期待を相手に伝え、且つ褒めることが重要と述べてきましたが、相手を褒めすぎるのも問題があります。

相手を褒めすぎると

・手を抜く可能性がある
・勘違いしてしまう可能性がある

などの思い込みが出てきて、逆効果になるときがあります。

ピグマニオン効果を十二分に活用していきたいときは自分自身のコミュニケーションスキルも必要になってきます。

褒めすぎるっていうのも良くないということだね!必要なときに必要なだけというスタンスでやっていけばいいね!

まとめ

○ピグマニオン効果とは、他者から期待されることにより成長が早まる心理効果をいう。

○ピグマニオン効果を意図的に用いる際は、相手に期待を言葉に出して伝えるだけでは足りなく、褒めることも大事。

○褒めすぎ注意。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です