翻訳を副業でするならクラウドワークスが一番おすすめな理由

翻訳【2020年3月29日更新】

自宅でフリーランスとして活動できるというメリットから、特にお子さんのいる女性に人気の職業です。

小説の翻訳から機械の仕様書の翻訳等まで内容が多岐にわたり、案件が充実しています。

今回の記事では、クラウドワークス などのクラウドソーシングを通して、翻訳の仕事の仕組みや実際の仕事の案件についてまとめました。

【本記事の特徴】

○翻訳の仕事の始め方が具体的にわかる。

○翻訳の仕事の難易度、収入、労働時間がわかる。

○未経験・初心者でも具体的な仕事の受注方法がわかる。

○翻訳でより多くの具体的な稼ぎ方がわかる。

英語に限らず、外国語を話せる人にとっては最高の副業になるんだ!そんな特技のある君がうらやましいよ!

翻訳の仕事に就く3つの方法

翻訳の仕事に就く方法は主に以下の3つです。

①翻訳業務がある会社に就職する方法

②翻訳の専門会社に登録する方法

③クラウドソーシングで翻訳案件を受注する方法

の3通りがあります。

以下にそれぞれ説明していきます。

①翻訳業務がある会社に就職する方法

翻訳業務がある会社は、基本的に都市部に集中しています。都市部に関しては求人数もそれなりにありますが、地方にいくとほとんどなくなってしまいます。

翻訳業務は専門性が高いので、需要もあり、安定していることが特徴です。また、高収入な特徴も兼ね揃えています。

ほとんどが東京や大阪などの都市部にあるんだ。田舎に住んでいても別な方法があるから安心してね!

②翻訳の専門会社に登録する方法

Conyacは日本発、世界中で利用されているクラウド翻訳サービスです。このようなところに登録をして仕事を受注したり、クラウドではない他の翻訳専門会社に登録してお仕事をもらったりという方法があります。

現時点では、翻訳を専門に活動している人はこの方法をよく取っています。

ただ、いくら専門会社に登録をしたからといっても、コンスタントに仕事が入ってくる保障はありません。そのため、この方法もやり、他の方法もやるということがおすすめです。

翻訳者として自分を売り込むことってマーケティングと似ていて、次に取るべき手段を事前に段取りしておくことが重要なんだ。がむしゃらに色々手を出していても花が咲かないんだよ。

③クラウドソーシングで翻訳案件を受注する方法

この方法が一番おすすめです。

クラウドソーシングはパソコンさえあればオンライン上で仕事のやり取りができます。そして、働き方も自由なため、自分の空いた時間にできるということも魅力のひとつです。

クラウドソーシングは翻訳以外でも多岐にわたり仕事の案件がありますが、その中でも翻訳は他案件よりも高単価のものが多いです。

はじめてクラウドソーシングに挑戦する場合は、日本最多の案件数を誇るクラウドワークス が一番おすすめです。

クラウドワークスの他にランサーズという大手サイトもあるけど、初心者にはクラウドワークスの方がおすすめだよ!ランサーズはマイページの作りがごちゃごちゃしてるんだ。

翻訳の仕事の詳細

以下に翻訳を仕事として場合の難易度、収入、労働時間をまとめます。

□翻訳の仕事の詳細

○難易度:★★★☆☆

○収入:★★★★☆(翻訳スキルで大幅に変わります)

○労働時間:★★★☆☆

専門性の高い内容のものを翻訳するということであれば収入も大幅に上がるけど、機械翻訳で分かるレベルを丁寧に書き直すだけであればやっぱり収入は少なくなるんだ。

難易度:★★★☆☆

翻訳を仕事にするといってもどの程度の翻訳なのかで難易度が変わってきます。

翻訳の形態を大きく分けると3種類があります。それぞれの難易度を解説していきます。

①文芸翻訳(出版翻訳)

②映像翻訳(放送翻訳、メディア翻訳)

③産業翻訳(実務翻訳、ビジネス翻訳)

日本で一番多いのが産業翻訳なんだ!翻訳の仕事の約9割が実務翻訳で、ここを抑えることが翻訳で稼ぐ一番の近道なんだよ。

①文芸翻訳(出版翻訳)

外国語で書かれた小説やノンフィクション、ミステリー、児童書などを日本語に翻訳する仕事です。また、文芸作品以外の学術書、ビジネス本などに関する書籍も含みます。

この分野の仕事をする人を一般的に『翻訳家』と呼びます。

ただし、文芸翻訳家として生活を成り立たせるには自分がその分野で有名人にならないと難しいです。

文芸翻訳だけなら難易度:★★★★★だよ!

②映像翻訳(放送翻訳、メディア翻訳)

映画や海外ドラマ、ニュースなどを翻訳する仕事です

翻訳した内容を映像に字幕として載せる字幕翻訳と、翻訳したものを台詞にする吹き替え翻訳があります。

海外ニュースなどの翻訳であれば放送翻訳、洋楽の歌詞などの翻訳であればメディア翻訳と呼ばれることもあります。

映像翻訳はTOEICリスニング満点や英検1級をはるかに超える高いリスニング能力が必要になってきます。

実際の仕事では映像を見ないで声のみで翻訳するっていうこともあるんだ。この場合も難易度:★★★★★だよ!

③産業翻訳(実務翻訳、ビジネス翻訳)

一般企業や官公庁で発生する契約書、マニュアル、仕様書など産業界において必要とされるビジネス文書を翻訳する仕事です

日本で発生する翻訳の仕事の約9割がこのジャンルの仕事です。

ここで外国語を話せる人は活躍ができ、難易度も一気に下がります。

企業側の立場からみると、『翻訳ができる×自社の商品知識がある』人はとても重宝されるよ!たとえば、翻訳ができて、法律に詳しい人は法律事務所から重宝されるみたいな感じだよ!

収入:★★★★☆(翻訳スキルで大幅に変わります)

企業内で翻訳者として働く場合、一般事務の3割増しくらいの収入を得られます。一般事務の時給が1200円だとすると翻訳は1600円くらいのイメージです。

フリーランスや副業で翻訳をする場合は、時給や月給ではなく、その仕事単位の分量で報酬が発生しますので、やればやるほどということになります。

フリーランスとして、実績が少ない駆け出しの在宅翻訳者の場合は、月に5~10万円を稼ぐことはクラウドワークス では可能です。一方で、専門的なスキルが必要になる特許などの分野では月収に100万円以上という人もいます。

クラウドソーシングを初めてする際は、最初はどうしても単価が低くなりますが、徐々に実績を作っていくことで副業としても、フリーランスとしても土台ができあがります。

だいたい、一日2時間で5000円くらいにはなるよ!毎日案件が入っている訳ではないので、徐々に伸ばしていこう!

労働時間:★★★☆☆

受注する仕事にもよりますが、だいたい2時間~3時間で5,000円~10,000円になるものが多いです。

初めはクラウドソーシングの使い方やクライアントとのコミュニケーションに時間を取られますが、業務自体は簡単なものばかりですぐに始められます。

本業を終えた後のafter5で終えられるものばかりだよ!毎月5万円~10万円は翻訳スキルがあるとすぐに稼げるよ!

未経験・初心者から始める仕事の具体的な受注方法

まずは日本最多の案件数のクラウドワークス に無料登録をしましょう。

海外ゲームのテキストを日本語訳したり、国内の書籍を英語に翻訳するなど、たくさんの案件があります。

自分がやりたい案件に応募してみることが大事です。

一番最初は単価が非常に安いです。実績を重ねていくうちに高単価のものも受注できるようになります。

まずは翻訳の仕事に触ってみることが大事。いきなり、ビシッとやらなきゃ!と思って身構えるより、とりあえず挑戦してみよう!と思うことが大事だよ!

翻訳でより多く稼ぐ具体的な方法

翻訳業界は翻訳者の独占業界です。マーケティング知識があるとより一層自分の売り込みができ、大きく稼ぐこともできます。

ある一定の実績を確保できたら、安い案件には手はやらないようにしましょう。

併せて【タイムチケット】 も一緒に併用して行うことをおすすめします。

【タイムチケット】 とは「60分だけ英語を教える」などの副業にも最適な方法です。

翻訳だけで月収100万円を目指すのではなく、月に15万円~30万円を副業として稼ぐことをまずは目標としよう!

英語の翻訳がメイン。中国語も案件増。マイナー言語は高単価です

英語の翻訳の案件が多くを占めています。その次に中国語の翻訳案件が多いです。そのほかに、モンゴル語やロシア語、フランス語、スペイン語などの高単価案件があります。

まとめ

以上が翻訳の仕事の難易度、収入、労働時間でした。

これから増えてくる在宅ワークにも外国語ができる人は一歩も二歩も有利の立場にあります。

在宅で専門スキルを磨き、本業で更にスキルアップのための転職も可能になってきます。

翻訳の仕事について記事をまとめました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です