webデザイナーに未経験・初心者がなる具体的方法【副業で稼ぐwebデザイン(在宅可)】

webデザイン【2020年4月6日更新】

未経験・初心者が副業から始めるwebデザインについて記事をまとめました。

安定して稼げるようになるためには、正しい方法でwebデザイナーを目指すことが一番の近道です。

その方法を本記事でお伝えしていきます。

【本記事の特徴】

○未経験・初心者がwebデザイナーになる具体的方法がわかる。

○webデザインの難易度、収入、労働時間がわかる。

○webデザインで安定して稼ぐ方法がわかる(在宅可)。

○webデザインの学習方法のパターンがわかる。

他のサイトにあるような誰でも簡単になれるっていう内容ではないよ!webデザインをやりたい!という人におすすめ。

専業主婦をしている人にとってもおすすめの内容となっています。自宅でしっかり稼ぐことができるように、まずは土台の構築が大事です。

未経験・初心者がwebデザイナーになるためには

完全な未経験・初心者が当然ながら、いきなりwebデザイナーになれるということはありません。

しかし、webデザインは勉強の順番や内容を間違わなければ、まったくの未経験・初心者でも習得できるスキルです。

digital hollywood Staudio参照

上の画像は、一般的なwebサイト制作の流れです。webデザイン初心者はこの順番で学んでいくことが基本となります

webデザイナーになるために必要なもの

toronブログでは『副業として収入をちゃんと得るために必要なことを徹底的にまとめている』んだ!だから中途半端な説明はしていないよ!

webデザイナーになるために必要となってくるものをまとめます。以下に掲げるものを用意・習得できて初めてwebデザインの仕事に就くことができます。

【環境構築】
①メインパソコン:MacBook Pro
②外部ディスプレイ:必須ではないがあれば仕事効率が格段に上がる
③確認用パソコン:Windows PC
④確認用スマホ:iPhone、アンドロイド
⑤ソフト:Adobe CC

【必須スキル】
①webデザインの基礎知識
②Photoshop(デザインソフト)
③illustrator(デザインソフト)
④HTML・CSSの知識
⑤JavaScript・jQueryの知識
⑥レスポンシブデザイン

このように、環境構築や必須スキルが多く、未経験・初心者がwebデザインに取りかかりにくいという特徴があります。

ただし、必須スキルについてはそれぞれを完璧に覚えるのではなく、どちらかというと最低限のみ勉強して感じを覚え、後は実践で覚えていくということが多いです。

覚えることも多いですが、この記事通りに進んでいけば、未経験・初心者でもwebデザイナーになれます。

【環境構築】①メインパソコン:MacBook Pro

webデザイナーにはWindowsよりもMacが主流です。

Windowsと比べて、Macのほうが作業効率が高く、クライアントとのデータのやり取りの操作性に優れているからです。

デスクトップとノートパソコンの二択とした場合は、ノートパソコンをおすすめします。クライアントと打ち合わせする際など、自前のパソコンで話しをする場合が多いからです。


【環境構築】②外部ディスプレイ

必須ではありませんが、外部ディスプレイがあると格段に作業構築が上がります。

自宅での作業用に外部ディスプレイを1台用意することが理想です。

最初のうちは必須ではないにしても本気でwebデザインに取り組んでいくと絶対に欲しくなるよ!作業効率が全然違うんだ!

【環境構築】③確認用パソコン:Windows PC

せっかく作ったwebデザインでも、MacとWindowsではフォントやデザインデータの解析・構築方法が異なるため、どちらか一方で意図したwebデザインに仕上がっていないことが多々あります。

そのために確認用のWindowsパソコンが必要になってきます。

こちらは確認用に必要なため、下にあるような格安パソコンでも充分です。

このような格安パソコンでも意外と性能が良いものも多いんだよね。どうせならコスパを意識しよう!

【環境構築】④確認用スマホ:iPhone、アンドロイド

スマートフォンが必要な理由は上記のWindows同様、表示の確認を行うためです。

□Point

【日本のスマホシェア率(2020年1月時点)】

○iPhoneは56.7%のシェアです。

○アンドロイドは43.3%のシェアです。

※データ引用元:bitWave

海外ではアンドロイドのシェアが圧倒的多数ですが、日本の場合だと少々iPhoneの方が占有率が高いです。

iPhoneをメイン携帯にして、アンドロイドを格安simにしているというwebデザイナーが多いです。

【環境構築】⑤ソフト:Adobe CC

webデザインには『デザイン作業』と『HTML・CSSなどの構築作業』が必要になります。

webデザインに必要なソフトは以下の2つが基本です。

・Adobe Photoshop 12,936円/年(税抜)
・Adobe Illustrator 28,776円/年(税抜)

(公式ホームページ)

(公式ホームページ)

環境構築に必要なソフトは以下の3つです。

・Adobe Dreamweaver 28,776円/年(税抜)
・Sublime Text 無料で利用可能
・Atom 無料で利用可能

(公式ホームページ)

『Adobe』と書かれているソフトはそれぞれ1年ごとに上記の金額が必要になります。

webデザイナーはAdobe製品がすべてセットになったAdobe CC(72,336円(税抜))を使用するのが一般的です。

(公式ホームページ)

(公式ホームページ)

このAdobe CCなんだけど、およそ半額の税込39,980円/年で購入可能な方法もあるんだ。以下に紹介するよ!

Adobe認定スクールのヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」というものがあります。

Adobe認定スクールで勉強しながらwebデザインを頑張っていきたいと考えている人におすすめです。

「たのまな」とは別にAdobe認定店での学割サービスなどもあるよ!学生ならこっちが安心・お得!!

(公式ホームページ)

webデザインの難易度、収入、労働時間

webデザイナーをこれから志す人にとって一番気になるところが難易度や収入、労働時間だと思います。

以下に徹底解説していきます。

難易度:★★★☆☆

未経験・初心者にとっては用意するものがあるので少しハードルが高いと思います。

ただ、実際にやってみるとそこまで難しくないと感じる人も多いのも事実です。

最初は難しく感じるかもしれませんが、副業で副収入を安定させたいと考えている人にとっては非常におすすめの職業です。

収入:★★★★☆

以下にwebデザイナーの仕事の種類ごとに入る収入の目安をまとめます。後ほど詳しく説明していきます。

・バナー、ロゴ、イラスト(1タスク目安:5,000円~5万円
・webサイトのデザイン(1タスク目安:1万円~10万円
・webサイトの構築を含むデザイン(1タスク目安:3万円~30万円

webデザインの仕事に慣れてくると仕事のスピードも速くなり、稼げる額も増えていきます。

フリーランスで毎月60万円を安定して稼いでいるという人も少なくないです。

労働時間:★★★★☆

未経験・初心者のうちは慣れるまで時間がかかります。

在宅でもできる仕事なので、場所にとららわれないというのは魅力的ですが、受ける仕事によっても変わってきますが、一日3時間~6時間の間で仕事をしているフリーランスが多いです。

初心者のうちは一日12時間とか平気で働いています。webデザインが楽しい!と思って仕事をしていると時間というのはあっという間に過ぎてしまうものです。

なんでもそうだけど、最初が一番大変だよ!でも、最初を頑張ると必ず稼げるようになるよ!!必ず未来はある!!

webデザインの仕事の種類とそれに必要なスキル

上記でも少し触れましたが、webデザインの仕事の種類とそれに必要なスキルをまとめました。

バナー・ロゴ・イラストの仕事(1タスク目安:5,000円~5万円)

必要なスキルは以下の通りです。

・Photoshop
・illustrator

webデザイナーはPhotoshopとillustratorのどちらかひとつではなく、両方とも使いこなせるようにならないといけません。

webサイトのデザイン(1タスク目安:1万円~10万円)

必要なスキルは以下の通りです。

・webデザインの基礎知識
・Photoshop
・illustrator
・HTML、CSSの知識

・WordPress

HTML、CSSの知識は完璧にすべてを覚えるのではなく、web構築に必要な最小限の知識で充分足ります。

WordPressに関しては以下の記事を参考にしてください。

完全初心者のためのWordPressブログの始め方(3部構成Part1)

webサイトの構築を含むデザイン(1タスク目安:3万円~30万円)

・webデザインの基礎知識
・Photoshop
・illustrator
・HTML、CSSの知識
・JavaScript、jQueryの知識
・レスポンシブデザイン

・WordPress

JavaScript、jQueryの知識に関しては、基本をしっかりと覚えてください。後が楽になります。応用までは今この時点で覚えないといけないものではありません。

WordPressが使えると作業効率が良いです。以下にWordPressの参考記事を貼っておきます。

完全初心者のためのWordPressブログの始め方(3部構成Part1)

webデザインにはクラウドワークスがおすすめ

ここまでwebデザイナーとしての用意ができたら、次は実際に仕事の受注をしていきます。

仕事を受注する際は未経験・初心者に限らず、クラウドソーシングのクラウドワークス がおすすめですが、その前にwebデザイナーの仕事をするためにどのような方法があるかを順を追って説明していきます。

webデザインの仕事を受注するためには

①インハウス
②広告代理店・制作会社
③在宅勤務・フリーランス

があります。

以下にそれぞれの違いを説明していきます。

①インハウスの仕事とは

インハウスのwebデザイナーとは、いわゆる『社内webデザイナー』のことをいいます。

メーカーなどに所属して自社webサイト制作に携わる仕事です。

勤める企業はIT系に限らず、あらゆる企業の正社員や契約社員、派遣社員として雇用される仕事を指します。

②広告代理店・制作会社

広告代理店・制作会社で働くwebデザイナーは、クライアントのwebサイトをデザインすることが仕事です。

自社のwebサイト制作のみ手掛けるインハウスのwebデザイナーとは違い、さまざまな種類のwebサイト制作に携わります。

クライアントの都合によりスケジュールが変更されることもあるので、納期前などは忙しくなりがちです。

③在宅勤務・フリーランス

webデザイナーとしてはこの在宅勤務・フリーランスが一番おすすめです。

toronブログでは、副業として副収入を得られるための仕事のやり方などを説明しているんだ。だから在宅勤務・フリーランスとしての稼ぎ方をこの記事で説明しているよ!

育児や家事で家を空けることができない主婦の方や、組織に所属せずに自分のデザインスキルを発揮したい方、そもそも会社員になりたくない方にとっておすすめです。

もちろん、駆け出しのころは収入が安定しませんが、安定してきたころには副収入といえる金額を優に上回り、本業の金額などを簡単に超えることも可能です。もちろん、労働時間も自分で決められます。

①と②と違い、わからないときはだれかに頼れないという大きなデメリットも存在しますが、webデザインに関しては、ネット検索で大抵わかってしまうことがほとんどです。

自分自身の力で稼ぐスキルを身につけていきましょう。

なぜ、クラウドワークスがおすすめなのか

クラウドソーシングといえば、ランサーズとクラウドワークスが2強です。

両者とも同じくらいの規模ですが、マイページの作りなどがクラウドワークスの方がランサーズに比べて比較的に簡単なのと、クラウドワークスには専用のアプリがあり、パソコンとスマホを共有できる点でクラウドワークスの方が使い勝手が良いです。

現時点ではランサーズにアプリはないです(2020年4月現在)。

両方とも登録するのもありですが、まずは始めにクラウドワークス に登録をして感触をつかんでみましょう。

独学とスクールのどっちがいいの?それぞれのメリット・デメリットを徹底解説

スキルの習得方法は一般的に次の3通りです。

・スクールで学ぶ(通うタイプ)
・オンラインスクールで学ぶ
・独学

以下にそれぞれのメリット・デメリットをまとめます。

スクールで学ぶ(通うタイプ)のメリット・デメリット

パソコンスクールが代表的です。最近では、web・プログラミングに特化したスクールが増えてきました。

□メリット

1.講師がいるので理解が早まる

2.講師を始め、同期などの仲間が作れる

3.独立や就職のためのサポートが受けられる

□デメリット

1.オンラインスクールよりも料金が割高

2.通わないといけない

オンラインスクールで学ぶメリット・デメリット

オンラインスクールとは自宅にいながら自宅のパソコンを通して勉強が進められる学習プログラムのことです。

□メリット

1.お子さまがいる専業主婦の方などが始めやすい

2.短期間で効率的に学習を進められるプログラムが組まれている

3.講師に疑問点や不安を相談することができる

4.在宅ワークや就職のサポートが受けられる

□デメリット

1.学ぶための費用がかかる

おすすめオンラインスクール

プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

【ポイント】

1.受講満足度94.6%のマンツーマン指導

2.毎日7:00〜24:00まで年中無休!

3.業界トップクラスの現役エンジニアが講師陣

CodeCampは業界トップクラスの現役プロから直接学べるオンラインプログラミングレッスン№1のスクールです。

なかでも、デザインマスターコースは他のオンラインスクールと比べて最もバランスのとれたプログラムとなっています。

講師は毎回自由にセレクトできるので、何人か試して最も自分に合う講師を絞れる仕組みがあるのも魅力のひとつです。

独学

独学でもできない訳ではありません。費用的な面からも独学でいくしかないと思う人も多いと思います。

僕も昔はお金がなくてスクールに通うなんてことはできなかったんだ。だから独学でも頑張りたい!って思っている人はtoronブログでサポートするよ!

□メリット

1.費用を最小限に抑えられる

2.自宅で学べる

3.自分のペースで自由に学べる

□デメリット

1.学び方を間違うと無駄な時間に繋がる可能性がある

2.学んだことが仕事に役立つか不明

3.質問する相手がいないのでその理解が正しいか不明

まとめ:webデザイン

今回の記事では、未経験・初心者がwebデザイナーになるための具体的方法と副業での稼ぎ方についてまとめました。

この記事が、これからwebデザインをやってみたいという方にとって参考になれば幸いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です