データ入力の副業について徹底調査【難易度、収入、労働時間まとめ】

データ入力【2020年4月19日更新】

今回の記事は、副業としてデータ入力を行った際に具体的にいくら稼げるのか、難易度はどれくらいかなどを徹底調査しました。

在宅ワーク(リモートワーク)の副業として人気の高いデータ入力の実際のところを説明していきます。

【本記事の特徴】

○副業としてのデータ入力の実際のところがわかる。

○データ入力の仕事内容がわかる。

○データ入力の難易度、収入、労働時間がわかる。

データ入力ってなに?具体的にどんなことするの?

データ入力の具体的な仕事例を下記にまとめます。

・顧客情報や契約内容の入力
・売上データの入力
・手書きの伝票などの入力
・セミナーなどの音声データの書き下ろし入力
・アンケート情報の集計or入力
等々

クラウドワークス では官公庁からの仕事依頼もあります。

昔ながらの会社だと、今の時代でも紙ベースで書類を管理していることが多いことから、未だにデータ入力の仕事はなくなりません。

単純作業の繰り返しになりますが、それを苦としない人にとってはおすすめの副業です。

ちなみに、クラウドソーシングでデータ入力を副業にしたい場合はクラウドワークスがおすすめです。理由は以下の記事を参考にしてください。

データ入力の仕事形態

データ入力の仕事を大別すると、『会社に出社してデータ入力するもの』『完全在宅でデータ入力するもの』の2種類に分かれます。

以下に両者の違いの重要ポイントをまとめます。

会社勤めのデータ入力業務の場合
・データ入力以外も電話対応や雑務がある。
・時給は900円~1500円が多い。
・派遣会社経由だと1200円~1500円が多い。

完全在宅でデータ入力する場合
・成果報酬制になる。
・文字単価0.1円~1.5円程度が多い。
・クライアントを獲得する必要がある。

在宅だと、出社もする必要もなければ対人関係も最小限に抑えられるメリットがある反面、安定性には欠けるというデメリットもあるよね!

在宅データ入力の難易度、収入、労働時間

副業としての在宅データ入力の難易度、収入、労働時間についてまとめました。以下、参考にしてください。

□データ入力の難易度、収入、労働時間

○難易度:★☆☆☆☆

○収入:★☆☆☆☆

○労働時間:★★★☆☆

難易度:★☆☆☆☆

未経験・初心者が副業を始める際に、一番取り組み安い仕事になります。

クライアント側も未経験・初心者歓迎と謳っていることも多く、応募もしやすいことが特徴です。

収入:★☆☆☆☆

文字単価が0.1円~1.5円程度、タスクの場合は、1案件10円~100円程度が多いです。

データ入力だけを本格的に取り組むと月に3万円~8万円ほどは未経験・初心者でも副業を始めて一ヶ月目で達成できるレベルです。

労働時間:★★★☆☆

単純作業の繰り返しで、仕事量も多いです。

1案件50円などのタスクの場合は20分~30分程度で終わることがほとんどです。

しかし、それでは大きな収入に繋がらないことから、プロジェクト制の仕事に取り組むことになります。

ライティングスキルによっても変わってきますが、イメージとして、月3万円~8万円ほどを稼ぐ場合の労働時間は、平日3時間~4時間程度必要になると考えて貰えれば的を得ているかと思います。

まとめ

今回の記事では、副業として人気のデータ入力についてまとめました。

副業として在宅でデータ入力をする場合はクラウドワークスがおすすめです。

自分自身のスキルアップを兼ねて、未経験・初心者からプロのライターへと転身することもかけ離れた夢ではありません。

何事もチャレンジしてみることが大切だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です