ハンドメイドの販売方法と主要アプリまとめ【副業ハンドメイドアクセサリー】

ハンドメイド【2020年4月21日更新】

今回の記事は、ハンドメイド商品の販売方法ハンドメイドアプリについてまとめました。

ハンドメイドで何かを作るまではいいんだけど、その先の販売方法を考えてからハンドメイドをする人って実は少ないんだ!だから、今回の記事では販売方法などをまとめることにしたよ!

【本記事の特徴】

○ハンドメイド商品の複数の販売方法がわかる。

○人気ハンドメイドアプリの手数料比較で全体を把握できる。

○ハンドメイドを副業にする場合の難易度、収入、労働時間がわかる。

ハンドメイド商品を販売する5つの方法

ハンドメイド商品の販売方法を以下にまとめます。

①自分のブログやネットショップで販売する方法
②minne(ハンドメイド専門ショップ)で販売する方法
③ブースを借りて販売する方法
④委託販売する方法
⑤メルカリ、ヤフオクなどで販売する方法

①自分のブログやネットショップで販売する方法

既にブログを開設している人であれば、そのブログの中でハンドメイド作品を紹介したり販売したりすることも可能です。

この場合の一番の問題は決済方法です。

決済手段の設定を自身のブログにする際が難しいです。主な決済手段の設定を以下にまとめます。

・クレジットカード決済
・代金引換
・後払い決済
・銀行振込
・コンビニ決済
・電子マネー決済
・携帯キャリア決済
・ネットバンキング

8種類もの主要な決済方法を考えていかなければなりません。

すべての決済方法を取り入れなくても大丈夫ですが、主要となる、クレジットカード決済、代金引換、銀行振込、コンビニ払いは取り入れておきたいものです

自身のブログへの決済手段の設定方法は色々とやり方があって今回の記事にまとめるとぐちゃぐちゃになっちゃうから別な記事でまとめるよ!

そこでBASE がおすすめです。

BASEとは、無料のネットショップ開設サービスです。決済手数料と収益の受け取り時の手数料以外はすべて無料で使えます(=自分で決済機能を確保しなくて済みます)。

BASEのメリット・デメリットをまとめます。

□メリット
○無料でネットショップを開設できる。
○ネットショップ運営で欠かせない機能が豊富。
○決済方法が豊富。
○専門知識が必要ない。
○使い勝手が良い。
○インスタグラムと連携できる。
○デジタルコンテンツも販売可能。

□デメリット
○BASE自体は集客力が弱い。
○デザインの編集には慣れが必要。
○売上が上がるほどコストがかかる。
○海外対応はできない。

自分のブログがあるなら、BASEで作ったネットショップとブログをリンクさせておけば更に良いよね!

②minne(ハンドメイド専門ショップ)で販売する方法

minne(ミンネ)では、1点もののアクセサリーや文房具、雑貨、食器などなど

かわいい手作りの作品が260万点出品中♪

作品を見ているだけでもあなたの創作意欲が刺激されちゃいます☆

まずはいちど見てミンネ ☆ 彡

minneはおすすめのハンドメイドを販売できるサイトなんだ!決済代行もしてくれるので安心なんだよね!

minneの特徴は、写真撮影から始まり、投稿記事執筆、金銭の受け渡しまですべてアプリ内で完結できることです。

売上があった場合だけシステム手数料が発生しますが、minneが仲介に介入してくれていることで、個人販売で起こりうるトラブルを最小限に抑えられることも魅力のひとつです。

③ブースを借りて販売する方法

よくドームなどでハンドメイド出展者募集というCMなどを見かけることがあります。

敷地の一角をハンドメイドの販売場所として借りて、そこで行われているイベントに参加して販売する方法です。

直接、お客さまと対面して商品を紹介する機会を設けられるので、文章や画像のみで伝えるネットショップ系よりも相手に自分の情熱などをその場で伝えられるという魅力があります。

主要都市では定期的にハンドメイドのイベントが開催されています。

④委託販売する方法

美容室や雑貨屋、ハンドメイドの資材を中心に扱っているお店などで、店内の一角を自身のハンドメイドブースとして借りて、販売する方法です。

特徴的なのが、自分自身がそこにいなくても、委託先の店員が商品の補充や販売を代行してくれることです。

お店毎に費用は異なり、売上の比率に応じた代行費用やブース代がかかってきます。

⑤メルカリ、ヤフオクなどで販売する方法

メルカリやヤフオクは、多くの商品が販売されていることは周知の通りです。

ハンドメイド商品も多く出品されています。

特にメルカリは出品後にすぐに売れるという特徴もあるので、需要があるかどうかの判断材料になります。

メルカリやヤフオクの集客力を利用して、マーケティング方法を考えるのもありです。

人気ハンドメイドアプリの手数料比較で全体を把握しよう!

人気ハンドメイドアプリを下記にまとめます。

①minne
②Creema
③ラクマ
④iichi
⑤メルカリ
⑥ヤフオク

販売手数料振込手数料
minne10%一律172円
Creema1円~9万円未満 12%
9万円~21万円未満 9.5%
21万円以上 8%
ジャパネット銀行 54円
それ以外の銀行 172円
ラクマコンビニ払い等 100円1万円未満 210円
iichi20%3万円未満 172円
3万円以上 270円
ジャパネット銀行 54円
メルカリ10%通常 200円
お急ぎ 400円
ヤフオクプレミアム会員 8.8%
通常会員 10%
一律100円
(paypay、ジャパネット銀行は無料)

上記以外にも、決済手数料や集荷手数料、システム利用料などが発生します。

結論、ハンドメイドを販売する手段ではminneが一番おすすめです。

【副業】ハンドメイドの難易度、収入、労働時間

ハンドメイド作品の種類によって難易度、収入、労働時間は大きく変わってきますので、BASE でネットショップを作った場合に焦点をあてて難易度などを説明します。

□BASEでネットショップを作った場合の難易度、収入、労働時間

○難易度:★☆☆☆☆

○収入:作品によって違いあり

○労働時間:★☆☆☆☆

難易度:★☆☆☆☆

BASEでネットショップ開設は難しくありません。初心者でも簡単にできます。

重要なのは、BASE単体では集客力に欠けるということです。

SNSやブログとの連携が必須です。

ブログをまだ始めていないという人は以下の記事を参考にしてください。

労働時間:★☆☆☆☆

BASEでのネットショップ開設でデザインもこだわる場合は、初めは慣れていないので丸一日を見ておいた方が良いでしょう。

慣れてくれば、マーケティングに目を向けて販売に注力していく時間が必要になってきます。

まとめ

今回の記事は、ハンドメイド作品の販売方法のまとめでした。

ハンドメイド作品をせっかく作ったのに販売方法までは知らないという人が意外と多い業界です。

この記事が参考になればと思って、記事をまとめました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です