アムウェイの勧誘を受けた人へ【アムウェイの真実を徹底解説!】

アムウェイ【2020年5月7日更新】

ネットワークビジネス業界1位のアムウェイ(2020年5月現在)に勧誘を受けている人へ、アムウェイの真実について徹底解説します。

【本記事の特徴】

○アムウェイのビジネスモデルがわかる。

○ネズミ講とマルチ商法の違いがわかる。

○公平は目でアムウェイを評価している。

○アムウェイで成功するための代償と収入がわかる。

○しつこい勧誘の断り方がわかる。

アムウェイとは

アムウェイとは、世界最大の連鎖販売取引をしているアメリカに本社を置く企業で、日用品・サプリメントなどのたくさんの商品を幅広く販売している会社です。

アムウェイのビジネスモデル

MLM(マルチ レベル マーケティング:連鎖販売取引)を基盤としたビジネスモデルで、一言でいえば、マルチ商法(ネズミ講)です。

アムウェイを実際にやっている人からすると、「ネズミ講ではない」と口を揃えて言います。

日本ではマルチ商法はネズミ講と同じく扱われるので、どちらにしても印象は良くありません。

より専門的にいえば、日本ではマルチ商法は合法ですが、ネズミ講は違法となります。

アムウェイの企業や商品自体はしっかりしているモノが多いです。その販売手法がマルチ商法と化しているだけとも言えます。

ネズミ講の仕組みを解説

enjin日本初の集団訴訟プラットフォーム引用

【ネズミ講のビジネスモデルの結論:最初から破綻が確定しているビジネスモデル

その理由:最下層の会員は上層に上がれないから。

もっと具体的に説明していくね!

ネズミ講は下層の会員から上層の会員へお金が流れていくビジネスモデルで、下層に行けば行くほどお金を支払う人が多くなります。

上の図のように、ネズミ講は下層にいくほど会員数が増えていきます。しかし、人口に限りがあるので28代目には約1億3400万人の人間が必要になります。日本の総人口は約1億2600万人です(2019年10月時点)。

勧誘した人全員が入会するわけでもないため、限界はもっと前にきます。

したがって、既にピラミッド型になっているネズミ講に入会すると自分の下につく人がいません。=自分には収入がなく支出だけある形になります。

そのようなビジネスモデルに入りたい人はいません。

□豆知識
日本では1978年に無限連鎖禁止法という法律ができて、その法律でネズミ講は禁止されました。

MLM(マルチ商法)の仕組みを解説

MLM(マルチ レベル マーケティング:連鎖販売取引)は正確にいうとネズミ講ではなく、マルチ商法です。

ノベルアップから引用

【ネズミ講との違い】

ネズミ講では、下層から上層へお金が流れていくビジネスモデルでした。

対して、

マルチ商法とは、下層から上層へお金が流れていくことには変わりありませんが、上層から下層へ商品などが流れてくるビジネスモデルになっています。

下層の人が上層の人から商品を買っているイメージだよ!
たったこれだけで合法になるんだ。

アムウェイが合法である理由はMLMを基盤としたビジネスモデルを採用しているからです。

アムウェイの評判は?

【結論:よくありません】

その理由を下記にまとめます。

□アムウェイの評判
・アムウェイ被害者の会が設立している。
・入会金の返金が1円もない。
・返品を断られた。
・紹介者に頼まれて、断り切れずに商品を購入し続けていた。
・友達にアムウェイを勧めて、友達をなくした。
・アムウェイは洗脳マーケティングだ。

などです。

MLMを基盤としたビジネスモデルだと、このような評判になって然るべきです。

インターネット上に良い評判はありません。

アムウェイで成功するための代償と収入

本記事をここまで読み進めて頂けたなら、ピラミッド型の組織体制で下層に入る危険性は理解できていると思います。

アムウェイは既に出来上がったピラミッドです。

自分よりも下に会員を作ることは容易ではありません。

代償は、

・勧誘で友人、知人を失う。
・勧誘やオフ会など無駄な時間が必要。
・トラブルになりやすい。
・決して上層へはいけない。

です。

今の時点で初めて勧誘されていてアムウェイに入ろうか迷っている場合はおすすめしません。

理由は、収入が見込めないからです。

勧誘などの「金持ちになれる」などの文言は嘘です。本気でそれを言っているのならば、MLMのビジネスモデルを理解していない証拠です。

アムウェイの中には商品自体が良いものもあります。商品の購入が目的で、ネットビジネスでアムウェイをやることが目的でなければ良いかもしれません。

しつこい勧誘の上手な断り方

アムウェイをやっている大体の人は、宗教レベルで洗脳されています。

MLMの仕組み上、仕方がないことかもしれませんが良い勧誘方法とは言えるものは極端に少ないです。

アムウェイ信者がやってしまいがちなミスは以下のとおりです。

・勧誘が目的なのにその旨を事前に伝えていない。
・公共の場所以外の「自宅」などで勧誘をする。
・「すぐに稼げる」「夢は叶う」などの誇張表現を使った勧誘をする。
・勧誘によって相手を不安にさせる。
・断っても勧誘をやめない。
・夜9時~朝8時の間に勧誘される。
・契約の即決を要求される。

などは全て違法です。

具体的には『特定商取引法違反』になります。

国民生活センターに相談してみるというだけで諦める人が多いです。

又、会話を録音していると尚良いです。

録音データをアムウェイ日本支部に送ることで、その勧誘者の会員資格を取り消せる可能性があります。

まとめ

副業をする際はもちろん、勧誘を受けて考えている場合、アムウェイはおすすめしません。

目的が収入を上げることであれば、アムウェイは選択肢から外すべきです。

toronブログでは客観的な視点で記事を執筆していますが、収入を上げる目的でアムウェイの良い点は発見できませんでした。

商品自体は良いものもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です