退職代行サービスの実態とおすすめの業者をご紹介【危険性や口コミなど徹底調査!】

退職代行【2020年5月10日更新】

退職したいという思いがあっても色々な理由から実際に退職をしたいと言えない状況があります。

その理由の代表たるものの根本は、勤めている会社が「ブラック企業」だからです。

今回の記事は、退職代行について徹底調査してまとめました。

自慢できることではないけれど、僕は今までに何度も転職をしているので、つまりそれと同じ数だけ退職を申し出ているんだ。
もちろん、ブラック企業から退職するときは大変だったよ!
その経験も踏まえて記事をまとめていきます。

【本記事の特徴】

○退職代行のサービスが具体的にわかる。

○退職代行の危険性がわかる。

○退職代行ガーディアンがおすすめの理由がわかる。

退職代行とは

退職代行とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

2018年頃から退職代行業者が急増し、テレビなどのマスメディアに取り上げられることも多くなってきました。

退職代行業者の急増の主な理由としては、ブラック企業を自分の意思で辞められない人が増えてきたことです。

本来、労働者には退職の自由が法律により保障されています。しかし、ブラック企業では労働者が簡単に退職できない状況が整備されており、退職代行サービスの需要が増えています。

退職代行の危険性(知っておくべきポイント)

退職代行サービスを使う危険性のポイントを以下にまとめます。

□Point

・退職代行業者ごとにサービスややり方が違う。➡トラブルになりやすい。

・詐欺業者がいる。➡支払後に音信不通になる。

・一般的な株式会社。➡法律上、交渉人や代理人になれない立場の可能性がある。

【退職代行業者ごとにサービスややり方が違う】

全国には退職代行業者がたくさんあります。

どこでも同じサービスややり方というわけではありません。

・どこまで代行してくれるのか
・代行業者のやり方でトラブルになった場合は責任をもってくれるのか

などを事前に把握しておかなければなりません。

【詐欺業者がいる】

一番気をつけるべきポイントです。

「安いから」「簡単そう」だからという理由で業者を選んでしまうとトラブル以前にお金を支払ったあとに業者と音信不通になったり、泣き寝入りしなければならないことになったりなどの問題がでてきます。

詐欺業者が多いカテゴリーでもあるので要注意です。

【一般的な株式会社】

上記のような詐欺業者ではなく、しっかりとやる退職代行業者であっても、法律の縛りがあります。

具体的には、弁護士法により、一般的な株式会社が交渉人や代理人の立場になれないということです。

一般的な株式会社が退職代行する場合、

「伝えているだけなので法律違反にはならない」と宣伝物などに掲げますが、その場合、たしかに伝えてくれはしますが、その後の、返却物や退職関連の書類、有給、給料などの話は一般的な株式会社は一切できません

したがって、企業側も退職代行が浸透してきた今では知識がついているので一般企業からの退職代行については取り合わないところが増えています。

退職理由ランキング

1位:残業・休日出勤など拘束時間が長い
2位:人間関係の問題・パワハラ酷い
3位:給料が安い
4位:やりがいや達成感を感じない
5位:キャリア成長が見込めない
6位:企業の方針・社風が合わない
7位:将来性に疑問を感じる
8位:人事・評価に不満
9位:体調不良・体力がもたない
10位:そもそもやりたい仕事ではない

1位の残業と2位の人間関係は退職理由に両方組み込まれていることが多いです。

そしてその主な理由はブラック企業の特徴ゆえのところがあります。以下に詳細をまとめます。

・サービス残業をしている
・そもそも帰れる状態ではない
・終わりがない仕事をしている
・無理やり帰ると周りのスタッフに迷惑がかかる
・上司の圧力がすごい
・上記の理由などはすべて普通(日常)の状態と化している

などです。

中には、未払残業代が膨大となっている人もいると思いますので以下の記事を参考にしてください。

退職代行業者の仕事の具体的な流れ

退職代行業者がどのように依頼者の退職を代行するのか、具体的な流れを説明します。

□具体的な流れ
①依頼者と綿密な打ち合わせ

②実際に会社に連絡

③依頼者に結果報告

複雑な工程と思われがちですが、実は至ってシンプルです。

しかも、①依頼者と綿密な打ち合わせのときも何度も連絡のやり取りをしないために、事前にヒアリングシートなどが用意されていることがほとんどです。

ヒアリングシートは以下のようなものです。

決行する日時:希望退職日:退職理由:
会社からの貸与品:返却/処分を求める私物:発行を求める書類:
連絡拒否希望の有無:転職サポートの有無:有給休暇や退職金について:

そして②実際に会社に連絡を退職代行会社が慎重丁寧にしてくれます。事前の打ち合わせにより、基本的にこの連絡一回きりでやり取りが終わります。

退職願が必要であったり、会社から貸与されているものがあるなどの場合には基本的に郵送でのやり取りになります。

退職代行にはガーディアンがおすすめの理由

退職代行サービスで人気を博している退職代行【退職代行ガーディアン】 の詳細についてまとめました。

一般的な退職代行業者とは違うのでより安心・安全に利用できます。

退職代行ガーディアンとは

退職代行ガーディアンとは、東京労働経済組合が運営する退職代行サービスです。

退職代行サービスは一般企業が運営している場合がほとんどですが、ガーディアンの運営元は労働組合。運営元が労働組合なので違法性がなく、安心して利用できます。

退職代行ガーディアンの特徴

公式ホームページより引用

【安心・確実】
東京都労働委員会に認証されている法適合の合同労働組合が行うので違法性がなく、安心・確実に退職へ導いてくれます。

【今すぐ辞められる】
即日対応なので、相談した当日から出社する必要がなくなります。

【料金一律・追加料なし】
雇用形態・地域・年齢などでも変わりなく一律29,800円です。もちろん、連絡回数・連絡時間帯・難易度なども関係なく、すべての人が追加料なしの一律29,800円です。

【会社や上司へ連絡不要】
会社への連絡はガーディアンが代行し、連絡します。上司と話す必要はなしです。退職届の提出や貸与品の返却も郵送でOKです。

【交渉可能】
ガーディアンを運営しているのは合同労働組合なので、一般企業と違い、代理・交渉を行えることが法律で定められています。

【退職保障】
辞められないケースはありません。もちろん法律に則って交渉するので安心です。ブラック企業で、対応が酷い場合は合同労働組合が団体交渉を起こして守ってくれます。

退職代行ガーディアンのメリット・デメリット

メリットは上記の【退職代行ガーディアン】 の特徴と重複しますが、下記にまとめます。

□メリット
・東京都労働委員会に認証されている合同労働組合なので安心。
・相談した当日から即日対応してくれるのでその日から出社しなくていい。
・料金は一律29,800円。追加費用なし。
・会社や上司への連絡は不要。すべてガーディアンが代行。
・退職願の提出、貸与品の返却などは郵送でOK。
・合同労働組合なので一般企業ができない代理・交渉ができる。
・辞められないケースはない。

□デメリット
・退職するのにガーディアンへの費用29,800円がかかる。

退職代行ガーディアンの利用の流れ

【ステップ1】LINEや電話で退職相談
「上司に連絡したくない」「今すぐ辞めたい」など退職に関する悩みをまずは相談します。LINEに対応しているのでスキマ時間に見つけて相談できます。

【ステップ2】依頼料金(29,800円)を入金
クレジットカードと銀行振込から入金方法を選択します。入金完了後、退職に必要な質問フォームが送られてきます。

【ステップ3】退職代行
ガーディアンが代わりに退職に必要な連絡・交渉を代行してくれます。代行中は何度でも電話やLINEで連絡可能です。

退職代行ガーディアンの口コミ、評判

T.Nさん
営業職 23歳 男性(福岡県)


もっと早く辞めれば良かった。
入社1年目、夢を持って入ったこの会社だったが上司との関係がどうも上手くいかず、日々怒られる毎日に嫌気がさしました。辞めたくても揉めてトラブルになりそうだと思いガーディアンに頼んで即日退社。苦痛から解放されました。

【代行内容】
・人事担当者へ連絡
・会社から貸与されていた保険証は、依頼主様が退職届と一緒に郵送にて返却

【退職代行ガーディアン】 公式ホームページより引用

H.Kさん
介護師 28歳 女性(大阪府)


心と体が壊れる前に。
入社4年。体力的にも精神的にもキツい。。給料は安いし、有休取るにも嫌味を言われる。。もうダメだと思ったときにガーディアンに出会って退社。転職も上手くいき、今では充実の毎日です。

【代行内容】
・早朝に支店長に連絡して退職
・退職届と一緒に業務引継ぎに関しても書面で郵送して完了

【退職代行ガーディアン】 公式ホームページより引用

A.Yさん
運送業 19歳 男性(東京都)


入社2日で退職代行。
全然話が違った。いきなりサービス残業2時間。先輩たちはみんな死にそうな顔で働いている。こんなところにいたら死んでしまいます。でも言い出しにくいかったのでガーディアンに頼んで辞めました。即判断して辞めて本当に良かった。

【代行内容】
・ご依頼当日、本社人事部に連絡して即日退職
・制服も郵送にて返却

【退職代行ガーディアン】 公式ホームページより引用

まとめ

現在では多くの退職代行サービス業者が存在しますが、中には、違法な業者も存在しています。

費用が安いという理由だけで退職代行業者を選ぶと後のトラブルにも発展してしまいます。

toronブログではブラック企業の根絶を願っていますが、現実的には難しいところもあるので、少しでもブラック企業から解放されて良い人生を歩めるお手伝いができればと思い、情報を発信しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です