駐車場経営で副収入を得る!最低限おさえておきたい基礎知識

土地活用の中でも、初期コストが低く人気のある「駐車場経営」。また、駐車場経営を大きく2つに分類すると、月極駐車場形式とコインパーキング形式に分けることができます。

月極駐車場形式とコインパーキング形式それぞれの特徴や収益モデル、メリット・デメリットとあわせて、契約をする前に必ず理解しておくべきリスク・注意点をご紹介いたします。

更に駐車場業界が変わってきて、今では、自分の持っている駐車スペースのみの短期レンタルなんかも出来たりするんだ!これはおすすめだよ!

【本記事の特徴】

○駐車場経営の最低限おさえておきたい基礎知識がわかる。

○駐車場経営の難易度、収入、労働時間がわかる。

○駐車場業界の新しいサービスがわかる。←おすすめ

駐車場経営の種類

まずは駐車場の種類について説明します。

・月極駐車場
・コインパーキング

の2種類が駐車場経営の基本となります。

以下にそれぞれの特徴をまとめました。

月極駐車場の特徴

月極駐車場には、3つの経営方法があります。

①駐車場を借りる人の募集から賃料の回収まですべて自分で行う方法

管理委託方式:募集や賃料の回収、トラブル時の対応などを業者に手数料を支払い委託する方法

一括借上方式:企業の駐車場のように、駐車場のすべてを貸す方法

一括借上方式では、駐車場が満車になっているか空きがあるかにかかわらず、契約した業者から土地の所有者に対して毎月一定額が支払われます。

駐車場の稼働状況で収入が変わるリスクはありませんが、業者には管理委託よりも高い手数料を支払うことになります。

なので、すべて個人でやっている人が一括借上方式の契約を自分で取ってくるとかなり儲かるよ!

コインパーキングの特徴

コインパーキングには、2つの経営方法があります。

自己経営方式:駐車場を自分で管理しながらビジネスする方法

土地賃貸方式:業者に土地を貸して毎月一定額の地代を受け取る方法

コインパーキングの場合は、精算機やロック板など専用の設備を用意しなければなりません。そのため、すべてを自前で管理することは難しく、募集や管理は業者に委託することが多いです。

設備の設置を行う方法についても、自分で行うか業者にお願いするかの2択です。

自己経営方式、土地賃貸方式のどちらも大抵は業者に依頼します。

土地賃貸方式は、業者に土地を貸して毎月一定の地代を受け取ります。月極駐車場の一括借上方式のように、毎月の収入が安定する反面、自己経営方式に比べてリターンは少なめになります。

駐車場経営の4つのメリット

①初期投資が少額!

駐車場経営は初期投資が少額です。

なぜなら、アパート経営とは違い、建物を建てる必要がないからです。

駐車場の運営をサポートしてくれる会社と契約すれば、土地だけあれば初期投資ゼロでも始めることは可能です。

初期投資額はどのような形態・規模で駐車場経営をするかによって変わります。

アスファルト舗装するなら5,000~8,000円/㎡程度の費用となり、そのほかに車止めや料金収受機、場合によっては歩道の切り下げ(30~50万円程度)などが必要となります。

②狭い土地でも始められる

住宅に向かない狭小地や変形地でも、駐車場経営なら可能です。

狭小地はそもそも住宅を建設するのが難しく、賃貸住宅経営には向きません。変形地では、建物を建てることはできたとしても、土地の広さのわりには狭い住宅になってしまい、効率的に土地を活用できないというデメリットがあります。

しかし、駐車場経営は、自動車を駐車するだけのスペースがあれば可能です。

街中で高い稼働率が見込めるのであれば、2~3台程度のコインパーキングでも収益をあげることができます。

10~15坪程度の土地があれば、2~3台分程度の広さになります。

③短期間で事業スタートができる!

事業スタートまでの時間が短いことも、駐車場経営の魅力のひとつです。

アパートやマンション経営を一から始めようとすると、どのような間取りや構造で建設するかを考え、施工業者を決定して、それから建設に入ります。

事業開始まで、1年近くかかってしまう可能性もあります。既存の物件を購入する場合でも、物件探しから始まり、リフォームやリノベーションなどをしていると、数か月程度はあっという間です。

それに対して、駐車場は、その土地に建物があって解体が必要な場合であっても、解体から舗装して設備の設置まで1か月あれば事業を開始することができます。

すでに舗装されていて設備の設置だけでよい場合は、管理を委託する業者を選定してから半月もあれば事業を始められます。

④やめたい時はすぐにやめられる

土地を転用させたくなったり、事情ができて駐車場経営から撤退したくなったりしたとき、経営をすぐにやめられるというメリットがあります。

コインパーキングの場合は、管理業者との解約ができれば、速やかに事業をやめることができます。

平面の月極駐車場の場合でも、契約解除の予告をすれば、1か月程度で退去してもらうことが可能です。

なお、駐車場経営でも立体駐車場の場合は、賃貸住宅と同じように「土地や建物の賃貸借契約」とされて借地借家法の適用対象となる場合があります。もし、立体駐車場の経営を考えているのであれば、事前に、管理委託する業者や弁護士などの専門家に相談しておくことをおすすめします。

駐車場経営の2つのデメリット

①賃貸住宅に比べ、税金の負担が多い

駐車場経営の最大のデメリットは、税制上の優遇がなく、マンション経営やアパート経営に比べると、税負担が大きくなってしまうことです。

賃貸住宅経営の場合、土地は「住宅用地」という扱いになり、固定資産税・都市計画税の優遇措置が受けられます。しかし、住宅用地ではない駐車場では、優遇なしの満額が課税されます

もちろん、税金分は経費として差し引かれて所得税負担は減りますが、それだけ利益は出しにくくなります。

また、相続が発生したときにも、アパートなどの居住用賃貸物件であれば、「小規模宅地等の特例」が受けられ、相続税が大幅に圧縮されるケースがありますが、駐車場はその対象外です。

②土地の利用効率が低い

経営上のデメリットとしては、土地の利用効率が低いということが挙げられます。

平面駐車場では、土地を1フロア分でしか活用できないため、アパートやマンションに比べると収益力はかなり落ちます。5階建て、10階建てと、同じ土地を延べ面積で大きく活用できる賃貸住宅経営のようにはいかないです。

駐車場経営で注意すべき4つのポイント

この章ではメリット・デメリットを踏まえた上での「注意すべき4つのポイント」を解説します。

□Point

①駐車場の形態と立地が重要

②保守的に収益予想を立てる

③利回りは「実質利回り」で考える

④市況(周辺相場)を常に意識する

駐車場の形態と立地が重要

駐車場経営は、どこでどのような形態で運営するかが成否を左右します。

基本的に、住宅地の中心部では月極駐車場の需要が多く、病院や商業施設の近くではコインパーキングの需要が多いです。

一般的に駐車場に向いているのは、車や人の往来が多く、道が狭くない場所です。

さらに、駐車場がない(少ない)集合住宅があれば月極駐車場の需要がさらに多くなりますし、車でアクセスせざるをえない施設が近い場合にはコインパーキングの稼働率が高くなる傾向があります。

周辺環境を観察して、どのような駐車場を運営すればいいかをしっかりと考えましょう。

②保守的に収益予想を立てる

【予想収入と予想収益の計算について】

駐車場経営に限らず、投資全般にいえることですが、収入や収益の予想を高く見積もってしまい、思うように稼げないと後悔するケースが少なくありません。

そのため、保守的に計算してみることが基本です。

更に、できうる限りのリスクも想定して駐車場経営をするか判断する必要があります。

管理業者に予想の収入・収益プランを出してもらっている場合は、甘いシナリオで想定されていることもあります。

あまりうまくいかない場合でも収益が見込めるのかどうかを見極められるようにしておきましょう。

③利回りは「実質利回り」で考える

保守的な経営状態も含めて考えた後は、「利回り」をチェックしましょう。

駐車場経営は、投資した金額に対して「どの程度の割合の収益」が得られるかが重要です。

ただ、利回りを計算する方法はいくつかあり、その中でも適切な指標で判断しなければなりません。一般に、投資判断の指標とされる利回りには、次の2つがあります。

表面利回り = 年間収入 ÷ 総投資額 × 100

実質利回り =(年間収入-諸経費)÷ 総投資額 × 100

このうち、駐車場経営で重視すべきなのが「実質利回り」です。

駐車場経営には、必ず経費が発生します。その経費分を収入から差し引いた「収益ベース」で投資利回りを判断すべきです。

管理業者に提示されるプランの中には表面利回りが提示されているケースもあります。しかし、表面利回りは諸経費が加味されていません。経費も鑑みた上でどの程度の利回りなのかを確認するようにしましょう。

④市況(周辺相場)を常に意識する

近隣に安い駐車場ができてしまうと、いきなり稼働率が落ちて、収入が減少する可能性があります。

駐車場経営を開始した当初は、周辺よりも安い料金設定で高い稼働率を達成し、十分な収益が上げられたとしても、他に安い駐車場ができると、そちらに収益を奪われてしまうケースもあります。

周辺の相場チェックは定期的に行うようにしましょう。

同業他社もしょっちゅう市況を確認しているよ!

以上の4点について注意をしていれば、駐車場経営の成功率は、気軽に始めてしまうよりもはるかに高まります。「なんとなく儲かりそうだ」ではなく、これらの注意点をおさえて、しっかり収益を出せるようにしましょう。

駐車場経営の難易度、収入、労働時間

□駐車場経営の難易度、収入、労働時間

○難易度:★★☆☆☆

○収入:★★★★☆

○労働時間:★☆☆☆☆

駐車場経営の難易度はふたつとそれほど高くありません。

むしろ、失敗したときの恐れは起業するときと同レベルなので、経営に踏み切る勇気が必要になります。

もともと土地を持っている人であればより気軽に始められます。

収益に関しては前述のとおり、練りに練ったビジネスプランであれば副業にしては大きな不労所得が入ってきます。そして一度駐車場としてオープンしてしまえば労働時間は限りなくゼロに近いです。この点が駐車場経営の一番の魅力です。

駐車場業界の新しいサービス【副業におすすめ!】

コスト0円で始められるスペースビジネス「特P」

特Pとは、空いている土地を有効活用したい人と、 駐車したいドライバーをマッチングさせる駐車場シェアリングサービスです。

自宅の駐車場や月極駐車場の使っていない時間帯やバイクが置けるちょっとしたスペースがある場合など、特Pに登録することでその場所を駐車場として貸出できるサービスができました。

初期費用は0円、ランニングコストも0円なので気軽に始められて副業には最適です。

特Pの主なポイントは、

□Point

・初期費用0円、ランニングコストも0円

・売上手数料30%で業界№1の低さ(他社は50%が多い)

・簡単なスマホ操作で、年配の人でも始めやすい

・接客不要

・設備不要

です。

自宅のカースペースで月5万円、空いている月極駐車場で月25万円を越える売上を出している人もいます。

これからニーズを増してくる特Pを稼げる副業としていち早く情報をお届けします。

まとめ

駐車場経営は、有効な土地活用方法のひとつです。

クルマ離れが進んでいるといわれていても、郊外での月極駐車場や都心でのコインパーキングの需要には底堅いものがあります。

駐車場経営は、誰もが始めやすい土地活用方法であるため、安易に始めてしまうと、当初の想定通りに長期間収益を上げられずに窮してしまう可能性があります。

しかし、メリット・デメリットやリスクをしっかりと理解した上で取り組めば、堅実に収益を上げられます。ぜひ、土地活用の方法として駐車場経営を検討してみてください。

本格的に駐車場経営を始めなくても、まずは『【特P】空きスペースを貸すだけ!毎月2万5千円の副収入 』から始めてみるのもありですね!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です