セミナー講師を副業にする!【メリット・デメリット大公開】

セミナー講師やコンサルティングと聞くと、大規模な仕事をイメージしがちですが、小規模の仕事も存在し、そこで細かく稼ぐという人もいます。

今回の記事では、小規模のセミナーなどを開催し、副収入を得る方法やノウハウについて紹介します。

【本記事の特徴】

○セミナー講師で稼ぐ方法がわかる。

○難易度、収入、労働時間がわかる。

○セミナー講師のメリット・デメリットがわかる。

セミナー講師になる3つの方法

□セミナー講師になる3つの方法

①講師の派遣・仲介会社から紹介を受ける

②個人で直接、企業やクライアントと契約する

③企業に講師として勤務する

①講師の派遣・仲介会社から紹介を受ける

セミナー講師の派遣や企画運営を行っている会社にセミナー講師として登録し、講演依頼を紹介してもらう方法です。

この方法は、講演依頼の営業や集客などの負担を軽減できる代わりに、派遣会社に講演料の一部を払わなくてはなりません。

②個人で直接、企業やクライアントと契約する

セミナー講師自身が直接、クライアントと契約して、セミナーを開催するパターンです。

副業のセミナー講師をしている人の中で、この方法が一番定着しています。

一昔前までは、自身に豊富な知識や技術、キャリアがない限り難しい仕事と思われていましたが、現代では、たとえば、区役所などと連携し、高齢者相手にハンドメイドを教えるなどの一部の人にとっては簡単なやり方もたくさんあります。

③企業の講師として勤務する

企業の研修セミナーなどを担当する講師を正社員として雇用している企業もあります。

そのため、企業にセミナー講師として勤務することも可能です。

この方法では会社員として給料をもらうようになるため、収入が安定するという面がメリットです。

一方、ある程度の講師経験や実力が求めらることが多いです。

セミナー講師になるために必要な資格

セミナー講師になるために必要な資格はありません。

しかし、多くのセミナー講師は、強みとする領域の知識や能力を証明する資格を取得しています。

ビジネス関連のセミナーを開く場合は、中小企業診断士などの専門的な資格があると有利です。

ビジネス関連のセミナーは資格だけでなく、多くの経験をしてきていることが信頼に繋がるよ!

セミナー講師に必要なスキルや能力

□必要なスキルや能力

①専門知識

②コミュニケーション能力

③専門領域の最新知識に触れ、熟知していること

①専門知識

セミナー講師は、参加者の前で講義を行います。

講義の内容は、セミナー講師が専門的な知識を持ち、聞いている人にわかりやすく説明できるものでなければなりません。

また、セミナーの参加者を集めるには、ある程度の実績が必要なのも確かです。専門知識が豊富にあることを裏付けるような資格や経験が求められます。

②コミュニケーション能力

セミナー講師はただ専門的な知識が豊富なだけでは務まりません。

知識をどう伝えれば参加者に理解してもらえるか、興味を持ってもらえるかを考えながら話をする必要があります。

そのため、抑揚をつけた話し方や、聞いている人の反応を見ながら話を進めていくといったコミュニケーション能力は、セミナー講師にとって重要なスキルです。

研修・セミナーでは多くの人の前で話をするため、人前で話すことが好きな人に向いている職業です。

③専門領域の最新知識に触れ、熟知していること

どの専門領域でも日々新しい情報が発信されます。

古い情報を新しい情報へアップデートし、講演参加者に伝えていく必要があります。

セミナー講師になっても常に最新知識に触れていき覚えていかなければならない難しさがセミナー講師にはあります。

セミナー講師の難易度、収入、労働時間

□セミナー講師の難易度、収入、労働時間

○難易度:★★★☆☆

○収入:★★★☆☆

○労働時間:★★☆☆☆

セミナー講師のメリット

依頼されてセミナーを開く時には、塾講師のような感覚で、1コマ〇〇円、半日・1日単位での報酬といった契約で収入を得ることができます。

個人で計画して開催する時には、自由に価格を設定できます。

今回のセミナーが、次のセミナーの集客につながったり、好評なら第2回、3回を計画したりと、その中でどんどん発展させることができます。

セミナーやコンサルティングを通して人脈を築けるのもメリットです。

セミナー講師のデメリット

開催時間や場所によっては、週末の休みの大部分を副業に充てることになります。家族の協力と理解が必要になります。

また、会社に属している場合は、「何をどの程度まで話して良いか」を考えながらセミナーの内容を組み立てるべきです。企業秘密や個人的な事柄を明かすべきではありません。

リスク

一生懸命セミナーを企画しても、なかなか人が集まらないリスクがあります。人が集まらなければ、当然ですが収益が上がりません。

セミナー講師のはじめ方

セミナー会場として使われている貸し会議室やコワーキングスペースを調べて、妥当なら会場を予約します。そして、会場と日時、テーマが決まったらさまざまな方法で告知・集客します。

今はweb集客が主流ですが、地域と協力して、地域の広報などに掲載して集客する方法も効果的です。

市区町村が提供している貸し会議室は民間と比べ安いです。しかし、民間の貸し会議室と違い、お洒落さには欠けます。

個人でする場合、特別セミナー講師としての登録は必要ありません。

「セミナー講師です」と名乗った時点でセミナー講師です。

集客さえできれば、後は、参加者が満足する講演をするだけです。最初は小さな収入にしかなりませんが、継続していくことで大きな収入になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です