【副業】シェアビジネスで稼ぐ方法まとめ

【本記事の特徴】

○シェアビジネスの特徴が詳しくわかる。

○シェアビジネスの難易度、収入、労働時間がわかる。

○シェアビジネスのはじめ方がわかる。

シェアリングエコノミー(共有型経済)は、モノや空間など、様々なサービスを個人間で共有することで成立する経済概念を指します。

インターネット上のプラットフォームを介すという特徴があり、人のスキルを含む遊休資産の有効利用が促されることで、新たな価値を生むことが期待できます。

「所有から共有へ」という広義の意味で捉えると、カーシェアリングやシェアサイクルなどBtoCのサービスを含んだり、シェアハウスやシェアオフィスなどインターネットを活用しないサービスが含まれることもあります。

シェアリングエコノミーの5つの領域

主な領域を5つに分類すると以下のとおりです。

空間のシェア

自宅の空き部屋を観光客などに貸し出す民泊が挙げられます。

代表的なサービスは、世界各国で急成長を遂げている「Airbnb」や、家を使わない期間に一棟貸しをするバケーションレンタルの「HomeAway」です。

日本でも2018年に住宅宿泊事業法いわゆる民泊新法が施行され、国内企業の参入も増加しています。

また宿泊を伴わない、企業のセミナースペースや飲食店、古民家などを貸し出す「スペースマーケット」や、個人や企業が所有する空き駐車場を時間単位で貸し出す「軒先パーキング」も人気を集めています。

移動のシェア

いわゆるライドシェアサービスの、自家用車による配車サービスとして代表的な「Uber」や「Lyft」、長距離移動の目的地まで相乗りし、かかったコストをシェアする「notteco(のってこ)」などが挙げられます。

個人が所有する自動車をシェアする個人間カーシェアリングでは「Anyca」が代表的です。

また、東京都心では、飲食店の宅配注文をバイクや自転車による個人デリバリーする「Uber Eats」や、通勤や観光目的でシェアサイクルの利用も増えています。

スキルのシェア

ライティングやデザインなど、自分のスキルや経験を生かして好きな時間に働くことができるクラウドソーシングサービスです。

クラウドワークス 」などが代表的なクラウドソーシングでは、都市部だけでなく地方でも利用者が拡大しています。

農家が観光案内人として農業体験を提供する「TABICA」や、外国人が自宅で料理教室を開催する「Tadaku」も主婦層をはじめ女性に人気を集めています。

モノのシェア

雑貨や本など個人間で売買するフリマアプリの「メルカリ」が代表的です。

ファッション関係のシェアリングが成長中で、高級バッグのシェアをする「ラクサス」は、BtoCからサービスを伸ばし、個人間レンタルも2017年に開始しました。

クローゼットに眠っているバッグで、小遣い稼ぎする人が増加中です。

お金のシェア

銀行が融資しないようなプロジェクトも、企画次第で個人から資金調達ができるクラウドファンディングが当てはまります。

寄付型・投資型・購入型の大きく3つに分けられます。

投資型は金銭的なリターンがあり、不動産投資に特化した「クラウドリアルティ」、購入型では「Makuake」などが挙げられます。

地方の町工場の電動自転車のプロジェクトで、それぞれ1億円以上の資金調達にも成功しています。

副業サラリーマンに向いていると言える理由

週中は電車通勤で車を一切使わない。週中は車で通勤するので日中は自分の駐車場が空いている。そんな状況が生まれやすいサラリーマンにとって、車や駐車場はシェアできる可能性を秘めており、それらを生かして副業にしてしまうことができます。

自分が所有しているものを運用するだけでお金が入るので、効率が良い副業と言えます。

シェアビジネスの難易度、収入、労働時間

□シェアビジネスの難易度、収入、労働時間

○難易度:★☆☆☆☆

○収入:★★☆☆☆

○労働時間:★☆☆☆☆

どの分野で始めるかを選定しなければなりませんが、シェアビジネスを始めること自体は簡単です。

需要があるかどうかはやってみないとわかりません。まずは行動してみることをおすすめします。

収入も需要に比例します。したがって具体的にいくら収入が入るということは言えませんが、0かそれ以外と考えて始めると気が楽です。

労働時間もありません。したがって副業におすすめです。

シェアビジネスのメリット

自己所有のものを有効活用することができて、かつ実入りになります。

自分の持っている時間を切り売りしなくていいので、本業以外の時間は休息に充てることができます。

シェアビジネスのデメリット

シェアしていると、いざ自分が「使いたい」と思ったときに、自由に使えないというのがデメリットです。

たとえば、風邪で会社を休むとしても、駐車場は明け渡さないといけないので車を移動させる必要が生じるなど、不便な事態が生じるかもしれません。

リスク

車の場合は、破損や汚れるかもしれないというリスク、駐車場の場合は借りた人がルールを守らず、時間外にも停めているなどのリスクがあります。

個人間で貸し借りをする場合には、トラブルが発生しやすいリスクがあります。

シェアビジネスの始め方

個人で借り手を募集して貸すとトラブルの可能性があるため、大抵は仲介会社に登録してシェアを開始します。主な仲介業者は以下のとおりです。

Airbnb

保有する住宅や物件を宿泊施設として登録・宿泊したいというニーズをマッチングさせるプラットフォームを提供するサービス。

【タイムチケット】

時間をシェアするタイムチケットも最近はとても人気を博しています。

以下の記事を参考にしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です