フォールス・コンセンサス【人間関係は心理学の知識で変えられる!】

フォールス・コンセンサスという心理学を知ると、ビジネス、恋愛、日常などの人間関係をより良いものに変えていくことができます。

今回の記事は、フォールス・コンセンサスを深く掘り下げて説明し、円満な人間関係の構築、マーケティングへの応用についてまとめました。

【本記事の特徴】

○心理学のフォールス・コンセンサスがわかる。

○良い人間関係を築けるようになる。

○営業の質が上がる。

○マーケティングの質が上がる。

フォールス・コンセンサスとは

フォールス・コンセンサス(Fales consensus)とは、自分の考えや意見、行動などがみんなと同じはずだと思い込む心理現象です。

つまり、自分の考えなどは多数派の意見であり、少数派ではないということと思う心理です。

フォールス・コンセンサスは良好な人間関係の構築に欠かせない要素のひとつとして考えられています。

フォールス・コンセンサスがあるからこそ、事実は間違えであっても、この人は私と同じ意見、あの人も私と同じ意見と思ってしまいます。

フォールス・コンセンサスの逆の効果としてフォールス・ユニークネスという心理現象があります。

簡単にフォールス・ユニークネスという心理現象を説明すると、「自分のことを少数派だと思う心理」です。

ちなみに僕はフォールス・ユニークネスだよ。

フォールス・コンセンサスの具体例

フォールス・コンセンサスの具体例から理解を深め、人間関係の構築にどのように役立つのか、ビジネスにどのように役立てるのかを説明します。

フォールス・コンセンサス 恋愛編

フォールス・コンセンサスは自分の意見は多数派であると思い込む心理現象でした。恋愛に関しても、このフォールス・コンセンサスは悪さをします。

【良かれと思って相手にしたことが、結果的に相手を怒らせる】

良かれと思ってしたことが逆に相手の癇に障る結果となってしまうことは誰しも経験したことがあると思います。

この良かれと思って行う行動こそがフォールス・コンセンサスを元にした行動にあたります。

長い時間をパートナーと共に過ごして似たような考えになることはありますが、他人は他人であり、いつまで経ってもそれは変わりありません。

長い時間を共に過ごして考えが似てきても他人である以上、多少なりとも考えが違ってきます。

考えが一緒だと勝手に思いこむことこそがフォールス・コンセンサスです。

【自身満々で計画したデートが失敗に終わる】

男性ならば、好きな女性を楽しませようとデートプランを真剣に考えたことがあると思います。

相手の情報を元にデートプランを考えるのと、自分の感覚を元にデートプランを考えるのとでは結果が大きく違ってきます。

自分の感覚を元にデートプランを考えた場合、そこにフォールス・コンセンサスが働き、相手を満足させられない可能性があります。

僕も経験あり。デートでスベってしまっても後に笑い話になれば良いけどね!

フォールス・コンセンサス ビジネス編

フォールス・コンセンサスは自分の意見は多数派であると思い込む心理現象でした。

ビジネスに関してもフォールス・コンセンサスは如実に表れます。具体的に説明します。

【丁寧に説明したが、相手に伝わらない】

プレゼンをするにしても、クライアントに説明に行くにしても、自分がどれだけ丁寧に作り上げた資料でも、相手に伝わらなかったら意味がありません。

自分の意気込みとは裏腹にその頑張りが無駄になる可能性があります。

これはフォールス・コンセンサスにより起きる現象です。

フォールス・コンセンサスは自分の意見は多数派であると思い込む心理現象ですので、まずはその心理を捨てて相手と対話するイメージを持って考えることが良い結果にするコツです。

相手の求めているモノを正確に把握することが大事だね!

フォールス・コンセンサスの応用【ビジネス編】

フォールス・コンセンサスの効果をビジネスにより効かせるために有効な方法は広告です。

フォールス・コンセンサスとは私の意見は多数派であるという心理でしたので、その多数派の意見というところを利用するのに広告が最適です。

フォールス・コンセンサスを上手に利用した広告とは

よく見かけるパターンは円グラフを使った広告です。

円グラフにはこの商品を選んだ理由などの分析結果が書かれており、大半は良い結果の感想が大部分を占めています。

その広告の円グラフを消費者が見ることにより、購入まで悩んでいる場合は、その購入者の背中を広告がひと押ししてくれます。

フォールス・コンセンサスを上手に利用したWebとは

よくホームページを見ていると、「お客様の声」と書かれたページを見かけることがあります。その「お客様の声」のページが充実すればするほど、購入者の購買心理を仰ぎます。

これもフォールス・コンセンサスを上手に利用している例です。私の意見は多数派であるという心理を上手く突き、この商品を買うことの不安をなくします。

ホームページのデザインを研究していると、この「お客様の声」を集めているページはキラーページと化しているホームページが多いです。それだけ効果があるという意味です。

フォールス・コンセンサス まとめ

●フォールス・コンセンサス(Fales consensus)とは、自分の考えや意見、行動などがみんなと同じはずだと思い込む心理現象 。

●フォールス・コンセンサスを知ることで人間関係やビジネスに役立つ。

●フォールス・コンセンサスを上手に利用したビジネス戦略は広告から。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です