プラシーボ効果【思い込みの心理学】

偽薬(効果のない薬)を効果のある薬としてお医者さんに出されたとしたら、人は思い込みによって治ったりします。

不思議な話ですが、実例もあります。

今回の記事では、この偽薬の話について心理学の観点から内容をまとめました。

【本記事の特徴】

○心理学のプラシーボ効果がわかる。

○ビジネスに簡単に取り入れる方法がわかる。

○マーケティングの質が上がる。

プラシーボ効果とは

さっそくですが、偽薬という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

偽薬とは、字のごとく、偽の薬です。本来はなんの効果もない薬という意味です。これを踏まえてプラシーボ効果を説明します。

プラシーボ効果とは、偽薬を投与され、本来効果を期待できないものであるにもかかわらず、人の思い込みにより、実際上の効果・影響が現れることをいいます。

偽薬効果』『プラセボ効果とも言われます。

・病は気からということわざもある通り、患者はお医者さんに貰った偽薬を効く薬と勘違いして飲み続けることによって治る。

・子どもが膝を擦りむいたとき、絆創膏を貼ると痛くなくなったという。

などの話を聞いたことがあると思いますが、科学的には上記のようなことはありえません。

プラシーボ効果は思い込みにより、実際にその効果が生じる心理現象をいいます。

僕も小さい頃、絆創膏を貼られると痛みがとれたクチだよ!

プラシーボ効果の検証

本当に効果があるのかどうかを心理学会ではもちろん調べます。

実際に心理学会で実験された内容をまとめました。

薬の値段実験

アメリカで行われた電気ショックを用いての心理実験があります。

被験者を2つのグループに分けて、電気ショックの痛みを和らげる薬を投与するという実験が行われました。

1つのグループには1錠10セントの薬を、もう1つのグループには1錠3ドル以上する新薬を与えました。

が、どちらも偽薬です。

この実験結果は、高い薬を投与されたグループの方が電気ショックの痛みに緩和作用があったという結果になりました。

高い薬だとよく効く感じがするという心理状態になることが分かった心理実験です。

風邪を引いてどうしても早く治したいとき、ドラッグストアで少し値段の高い薬を買ってしまうことってあるよね!

うるしを使った実験

うるしに触れるとかぶれるとはよく聞く話です。

そのうるしを使った心理実験が行われました。

2つのグループに分けた被験者に「うるしの葉」と「栗の葉」を触れさせるという心理実験です。

うるしの葉に触れさせるグループには「栗の葉」と説明し、
栗の葉に触れさせるグループには「うるしの葉」として説明します。

心理実験結果は驚くことに、栗の葉を触ったグループに発疹が出て、実際にうるしの葉を触ったグループには発疹が出なかったという結果に至りました。

プラシーボ効果の検証結果

人間の思い込みというものは実は私たちが思っている以上に大きな影響を現実に与えます。

ダミー手術などもプラシーボ効果を効かせた心理テクニックのひとつです。

まさかダミー手術をされるなど患者は思いません。そのまさかと思う不意を突けたとき、プラシーボ効果は最大限の影響を発揮します。

ダミー手術なんてされるなんてまったく思わないもんね。っていうか、ダミー手術されたことが発覚したら大クレームに発展するね!

プラシーボ効果の応用

プラシーボ効果とは思い込みにより、実際にその効果が生じる心理現象でした。

この点を利用してビジネスに落とし込んでいきます。

プラシーボ効果の活用例を紹介します。

【薬のCM プラシーボ効果を取り入れた宣伝PR】

薬のCMは、表現に制約が多く、「治る」という言葉は使えません。

では、多くの薬のCMはどのようにしているのかというと視聴者の視覚に訴えるCM作りをしています。

おでこに貼る熱冷まシートのCMは、サーモ映像でオレンジ色の部分が青色に変わっていく映像を映します。

おでこに貼る冷たいシートを実際に微熱の人が貼ることにより、CMでみたイメージを思い浮かべる人も少なくないと思います。

徐々に熱が下がっていく。この熱が下がっていく要因が熱さまシートなのか、他の薬の影響なのか、体力の回復なのかははっきりしませんが、熱さまシートを使ったことによって下がったと消費者が思ってくれたら、また微熱が出たときに購入してくれるリピーターになります。

【眠くならない栄養ドリンクと命名した商品】

眠気覚ましの栄養ドリンクはコンビニでよく売られています。

眠気覚ましドリンクにはそれっぽい商品名がついていますが、それこそがプラシーボ効果を利用したマーケティングテクニックです。

消費者は眠気を覚ましたいという目的意識があり、その目的を達成するためにそこにお金を使うという心理状態になります。

その心理状態を上手に汲み取った商品名にすることで、消費者は直感的にそれを買い求めます。

商品名を付けるときにプラシーボ効果も考えて命名するとマーケットで成功しやすくなります。

プラシーボ効果 まとめ

●プラシーボ効果は思い込みにより、実際にその効果が生じる心理現象をいう。

●プラシーボ効果を考えて商品名を命名するとマーケットで成功しやすい。

●プラシーボ効果の影響力は大きい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です