宣言効果とは【夢や目標を叶える心理学】

宣言効果という心理学を活用することで、夢や目標を叶えられる可能性が上がってきます。

今回の記事は、宣言効果を日常生活やビジネスに取り入れる具体的方法やその効果について説明しています。

【本記事の特徴】

○心理学の宣言効果がわかる。

○夢や目標の達成度が上がる。

○宣言効果の注意点がわかる。

宣言効果とは

宣言効果とは、ある目標を達成させるために、あらかじめその目標を周囲に宣言してしまうことで、その目標の達成率を上げるという心理効果をいいます。

宣言効果を説明する上で潜在意識顕在意識という単語が出てきます。

宣言効果をもっと詳しくお伝えするために潜在意識と顕在意識について少し触れていきます。

【潜在意識と顕在意識について】

スイスの心理学者の著名人、カール・グスタフ・ユングによると、私たちの意識(顕在意識)は氷山の一角に過ぎなく、多くは潜在意識にあるといいます。

氷山の一角は、海面から一角がぽつんと出ている状態であり、全体の5%~10%です。残りの90%は海中に埋まっています。

これと同じ状態が人間の意識だというのです。

脳が100%の力を発揮したら超能力が使えるっていう都市伝説があるよ!

自己啓発本やセミナーなどでも潜在意識という単語が出てきますが、その潜在意識をコントロールすることで目標達成がしやすくなるということは本当のことです。

日常生活においても、ビジネスにおいても、何かを選択、決断しなければならないときがあります。この選択、決断は潜在意識によって答えが変わってきます。

顕在意識で物事を判断していると考えがちですが、本当は潜在意識が前にあり、顕在意識が後ろにある状態で、物事を判断しているということです。

宣言効果の具体例

公の場で宣言効果をした例を紹介します。

【孫正義さんの宣言効果】

孫正義さんといえば、ソフトバンクの社長です。ソフトバンクをここまで大きな会社に育てたのも、一概に孫正義さんの力だということがいえます。

孫正義さんは度々、公の場でこれから事業をどのようにしていくかなどを宣言します。

例えば、docomoやauより電波状態が悪いという一般ユーザーのtwitterを見て、電波状態を改善すると公言し、実際にソフトバンクの資産を使って改善しました。NTTが本来立てるべき基地局を増やしたりしたのです。

これは公に電波を良くすると宣言したことにより、引き返しすることが出来なくなった、やらなければいけなくなったという人間の一貫性の原理というものが働き、その目標を達成させたということです。

【一貫性の原理とは?】

一貫性の原理とは、ぶれずに一貫性を保ちたいという人間の心理現象のことです。宣言効果と一貫性の原理は切っても切り離せない存在です。

【イチロー選手の宣言効果】

イチロー選手といえば、誰もが知っている野球選手です。イチロー選手も宣言効果を使っている人のひとりです。イチロー選手の引退会見のときの名言を紹介します。

「有言不実行の男になってしまったわけですけど、でも、その表現をしてこなかったら、ここまで出来なかったかなという思いもあります。だから、言葉にすること。難しいかもしれないけど、言葉にして表現するということは、目標に近づくひとつの方法ではないかと思っています。」

これは、引退会見時に記者がイチロー選手へした質問の返答です。質問内容は、「50歳まで野球を続けるのではなかったのか。日本に戻って50歳までプレーするという選択肢はないのか。」でした。

イチロー選手はきっぱりと「なかったですね」と答えました。

イチロー選手がいう有言不実行の男になってしまったことをだれも攻める人もいなければ、むしろよくぞここまで夢を見せてくれたと賞賛の声が多いと思います。

宣言効果を有効活用している良い例です。

ちなみに僕はイチロー選手の大ファンです。

宣言効果の注意点

宣言効果を意識するときに注意しなければならない点を紹介します。

【宣言することを目的にしない】

宣言すること自体をいつの間にか目標にしてしまうということが起こることがあります。

なにか目標を宣言することにより、その目標の達成率はたしかに上がります。

しかし、いつの間にか目標よりも宣言することに意識が向いている状態ということが起きてしまうのです。

目標を宣言したからといって達成できるようなものではありません。

【大きすぎる目標を宣言しない】

大きすぎる目標、非現実的な目標はあまり宣言しないことにしていきましょう。

例えば、○○の世界一になる!などと宣言しても効果がありません。

宣言効果とは潜在意識に目標をすり込むための一手段です。

大きすぎる目標よりもその目標に向かうための目標を宣言し、それを繰り返して結果大きな目標に近づけていくやり方が正解です。

【一貫性の原理を気にしすぎない】

一貫性の原理とは、ブレずに一貫性を保ちたいという人間の心理現象でした。これを気にしすぎていると、宣言効果は逆効果になります。

手に届くか届かないか微妙なくらいの目標の宣言をすることが重要です。

まとめ

●宣言効果とは、ある目標を達成させるために、あらかじめその目標を周囲に宣言してしまうことで、その目標の達成率を上げるという心理効果をいう。

●宣言効果を上手に利用することで潜在意識にその目標をすり込むことができる。

●宣言効果の注意点を意識する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です