返報性の法則とは【心理学】

返報性の法則という心理学を知っている人は多いと思います。返報性の法則を上手に使ったビジネス例や上手な活用方法について今回の記事はまとめています。

返報性の法則を知り、ビジネスにもプライベートにも上手に取り入れていきましょう。

【本記事の特徴】

○心理学の返報性の法則がわかる。

○売れる環境作りができる。

○マーケティングの質が上がる。

返報性の法則とは

返報性の法則とは、人から何かしらの施しを受けたとき、「お返しをしなくては申し訳ない」と思う気持ちになる人間の心理をいいます。

返報性の法則は「返報性の原理」とも呼ばれています。

返報性の法則を利用し、小さな貸しで大きな見返りを得るというマーケティングの手法が広く利用されています。

以下に具体例を入れて説明していきます。

返報性の法則の具体例

返報性の法則は、企業などが積極的に取り扱っている心理学のひとつです。

小さな貸しで大きな見返りを作るということを原則として、色々な手法が使われています。

【スーパーの試食】

スーパーに行くと、たまに試食が行われているのを目にします。知っての通り、試食は商品のPRです。試食の前を通ったら、試食のおばちゃんから笑顔で、「これ食べていきなー」と声を掛けられた経験がある人も少なくないはずです。

試食した際、試食のおばちゃんは「これを買っていきな」と営業トークすることはあまりありません。返報性の法則を知ってか知らずか、消費者に営業トークをする試食のおばちゃんは少ないのです。

しかし、試食した後、会話が盛り上がったりしたら、「これ買わないとなんか申し訳ないなぁ」と思うのも人間の普通の心理です。これが返報性の法則なのですが、この返報性の法則、意外と効果があります。

試食会をしている時としていない時では、その商品の売り上げが少なくても5倍は違うそうです。商品にもよるとは思いますが、流行に乗っている売り切れ続出の商品でない限りは、大体、このくらい違ってくるとのことです。

この数値の意味は、営業トークをしての5倍ではありません。営業トークをしていない、消費者の返報性の法則の心理に従った結果の5倍なのです。

国によって違いは出てきますが、日本は特に返報性の法則の心理が根付いている国なのです。

試食のおばちゃんは子どもを狙ってくるんだ。子どもに美味しいと言わせてお母さんに報告させる戦略は結構効く。

【ホワイトデー・チョコレート会社の戦略】

バレンタインデーに義理チョコをもらった男子ならば、少なからず、ホワイトデーで返すべきかどうかを考えるはずです。既にここに返報性の法則が表れています。

バレンタインデーとホワイトデーはチョコレート会社が勝手に作り出したイベントです。それが世界に広がりをみせ、主要な国にはバレンタインデーとホワイトデーが存在します。

チョコレート会社のマーケティングのすごいところは、バレンタインデーというものを作り上げたこと。そして何より、そのお返しをしなければならないホワイトデーまでセットで作り上げたことです。

女子の心理を巧みに使ったマーケティング、男子には女子みたいな恋愛脳がないので返報性の法則を割り当てたマーケティングを考えた人は天才です。

義理チョコをもらっていたとしてもホワイトデーはちゃんと返さないといけないのが男のマナーだよね!

返報性の法則の応用

返報性の法則は現実の世界だけのものではありません。

Webも使っている側は人間です。人間ということは、人間に効く心理学がWebマーケティングにもあるのです。

たとえば、仮に芸能人があなたのブログを読んでくれていたとします。そして面白い!と思ってくれて拡散してくれたとします。そうするとあなたはどう思いますか?

一気にアクセス数は増え、ブログが賑わってくると嬉しいはずです。

あなたはその芸能人の名前しか知らなかったとしても、少し興味を持って調べてみたり、もしかしたらファンになるかもしれません。

このように、Webマーケティングにおいても、そのマーケット内は人間で埋め尽くされています。その中では返報性の法則がたくさん働いているのです。

今回の例はすこし大袈裟だったかもしれません。

ネットの世界はgive & takeではなく、give & giveということを覚えておくと返報性の法則を充分に活用したマーケティングができるようになります。

まとめ

●返報性の法則とは、人から何かしらの施しを受けたとき、「お返しをしなくては申し訳ない」と思う気持ちになる人間の心理をいう。

●小さな貸しから大きな見返りを得るということを基本とした企業の返報性の法則の利用があちらコチラにある。

●返報性の法則は日本では絶大の効果を発揮する。

●返報性の法則は基本的にgive & takeだが、ネットの世界の返報性の法則はgive & giveの性質を有する。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です