希少性の原理とは【心理学】

希少性の原理をマーケティングに取り入れていくことにより、質の高いマーケティング活動ができるようになります。

【本記事の特徴】

○心理学の希少性の原理がわかる。

○信頼を得られるマーケティング手法がわかる。

○マーケティングの質が上がる。

希少性の原理とは

希少性の原理とは、入手困難なモノほど、価値の高いモノと思ってしまう心理の原理をいいます。

たとえば、数量限定で発売されているモノや販売に数量規制の入っているモノはこの希少性の原理が働いて、それが欲しくなります。

わかりやすい例で、今(2020年3月11日時点)でいうとマスクが相当します。コロナウィルスで騒がれていますが、マスクが供給不足に陥っていて、商品棚にマスクが並ぶと、即完売します。

これは、消費者がすぐに売り切れることを知っている故に、そこに希少性の原理が働き、購入意識を高めてしまうのです。

希少性の原理とマーケティングは相性抜群です。以下に具体例を載せていきます。

希少性の原理の具体例

希少性の原理を使った実例を載せています。希少性の原理をマーケティングに落とし込むことにより、シェアを広げやすくなり、売上も伸ばしやすくなります。マーケティングと相性抜群の希少性の原理。是非、あなたの会社に取り入れてください。

【限定商品マーケティング】

観光などに行くと、お土産としてついつい見てしまう地域限定商品。

基本的には現地でしか買えませんが、その魅力を逆手にとって、多くの企業は地域限定商品という文言を付けたがります。

それだけ効果があるということですが、よくよく考えてみると、地域限定商品だけでなく、季節限定商品というのもあります。

季節限定商品は、お菓子やデザートによく使われる文言ですが、そのキャッチコピーの威力は凄まじいです。

秋の焼き芋をイメージさせた「おさつ」というスナック菓子を食べたことがある人は多いと思います。サクサクのスナック菓子の「おさつ」を食べるとその優しい味にほっこりします。

冬になるとメルティーキッスのチョコレートが人気を博します。冬限定で売られているチョコレートです。

冬にしかやっていないCM「メルティーキッスはめ・い・じ♪」を聞くと僕の頭の中はしばらくあの歌が流れ続けるんだ。

この様に季節限定の商品販売は、その季節だけで一年間分の利益を生み出してしまうほど、この希少性の原理は強いのです。

ネット限定商品というのも最近目にします。売り上げランキングを見ると、ネット限定と書かれたモノが多いことに気付きます。

消費者は「限定」という言葉に非常に弱いのです。

希少性の原理の応用

希少性の原理とは、入手困難なモノほど、価値の高いモノと思ってしまう心理の原理をいいました。

これを応用したマーケティングを紹介します。

ハンドメイドショップが良い例なのですが、全ての商品をハンドメイドで作っている場合、企業と違って量産には限界があります。

「ひとつひとつ時間をかけて丁寧に気持ちを込めて作りました」というキャッチは意外と響く人も多いです。このようにすることによって、多少高額であっても手間を考えたそれくらいはするだろうと消費者を勝手に納得させる力があります。

意図的に在庫切れを起こすのも一つの手です。

頻発させると店全体のイメージが悪くなりますが、たとえば飲食店でいうと、あまりの人気商品のため売り切れてしまったということを前に出してアピールできます。

そうすることによって、いつもと違うメニューをお客さまに食べてもらうことができます。

希少性の原理はマーケティングに取り入れるとき、多様な使い方ができ、効果も強いです。

希少性の原理を利用した詐欺にご注意を

希少性の原理はその効果ゆえに多くの企業が希少性の原理を用いたマーケティングをしています。

大手家電量販店がしたNGマーケティングの事例があります。

期間限定の電子マネーの20%還元キャンペーンをしていた大手家電量販店ですが、これはお会計時に電子マネーを利用したら20%引きになるというキャンペーンでした。

一見とても魅力的ですので、多くの人が店舗に向かいます。

しかし、この大手家電量販店はキャンペーン開始当日、商品を値上げし、実質的に通常で購入するのと変わらない値付けをしていたという事例がありました。

これがすぐに消費者に気付かれ、その大手家電量販店は多くの消費者から信頼をなくしてしまいました。

今回は大手家電量販店を挙げて説明しましたが、ガソリンスタンドなどでもこれと似た事例がいくつもあります。

マーケティングをする側でしたら、消費者に詐欺と見られないように値段の徹底管理が重要になってきます。

信頼を落とすことはすごく簡単。信頼を得ることはとても大変。よく聞く言葉だね!

まとめ

●希少性の原理とは、入手困難なモノほど、価値の高いモノと思ってしまう心理の原理をいう。

●希少性の原理とマーケティングの相性は抜群である。

●希少性の原理は詐欺に応用することもできるので注意が必要。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です