自己正当化【マーケティング心理学】

自己正当化とは心理学の世界を超えて広く一般的に使われる言葉となりました。自己正当化は説明せずともどういった意味なのかは多くの人が存じていると思います。

今回はこの自己正当化を利用したマーケティングに焦点を当てて有益な情報となるように記事をまとめました。

自己正当化を利用したマーケティングとはいったいどのようなモノなのかを具体例や実例を入れて紹介しています。

【本記事の特徴】

○心理学の自己正当化がわかる。

○自己正当化をマーケティング戦略に取り入れる具体的な方法がわかる。

○マーケティングの質が上がる。

自己正当化とは

自己正当化とは、読んで字の如く、自己を正当化する心理現象です。

自己正当化がなんたるモノかということは触れずとも皆さんも知っていると思いますので割愛します。

今回の記事ではこの自己正当化を利用したマーケティング手法についてまとめています。

自己正当化を取り入れたマーケティング戦略

人間は誰もが「自分の行動は正しいモノ」と思っています。誰しもにある心理です。マーケターはこの心理までも利用してマーケティング戦略をしていることをご存じでしょうか?

具体例を紹介します。

【ブランド戦略】

数多くのブランド品が世の中にあります。大手ブランドメーカーは潰れることなく、既にそのブランドが文化を創り上げていると言っても過言ではありません。

ブランド品を購入するとき、あなたは何を持って購入を決めますか?

デザインが好きだから。みんなが持っているから。好きな芸能人が持っているから。丈夫だから。長く使えるから。自慢出来るから。など多くの理由がありますが、これらは全て自己正当化に当たります。

お客さまが自己正当化できる理由がいくつも作れるマーケティング戦略が究極のマーケティングになります。簡単なようですが、実際に行動に移すとともて難しいです。

高額なモノを購入するときはやはりお客さまが自己正当化できる沢山の要素が必要ですし、逆に、安いモノを購入するときもその安さに自己正当化が入ってきます。

自己正当化できる要素が多ければ多いほど、顧客満足度にも繋がります。

自己正当化とは、広く一般的に使われている言葉ですが、とても奥が深く、この自己正当化を深く知ることによってマーケティングに大きな影響を及ぼします。

自社商品のマーケティング戦略にとってお客さまの自己正当化まで考えた戦略を考えているところは少ないんだ。だからマーケティング戦略を考える上でお客さまの自己正当化まで考えたなら質の高いマーケティング戦略ができあがるよ!

【ブランディングできる要素を意図的に作る方法】

ブランド化に拘れと言っている訳ではありません。自己正当化ができる要素を沢山作ることのできる商品化にしていかなければならないということです。

たとえば、スーパーでラーメンの麺を買おうと思ったとします。商品棚にはたくさんの種類の麺がおいてあります。

お客さまは、過去に食べたことがある麺、値段が安い麺などそれぞれが自己正当化して麺を取っていきます。

そこに、自社の麺をおすすめすべく、自社の社員が立ってラーメンを見ているお客さまに自社の麺を見せてお勧めしていたとします。それを仮に2週間繰り返したとします。

すると、自社の麺が2週間前よりも売上が上がり、社員が立たなくなった今でもその売上が維持されているということはよくあることです。

これは、その2週間で自社の麺に対して、自己正当化できるお客さまが増えたことに他ありません。

ブランド化すると聞くと大袈裟に聞こえてしまいますが、考え方としてはこの様な方法で充分なのです。地道な活動が実を結ぶ良い例でもあります。

なんでもそうだけど小さなものの積み重ねが大事だね!

Webにも自己正当化を取り入れたマーケティングができる!

実店舗に限らず、Webにも自己正当化を取り入れたマーケティングができます。

たとえば、Webサイトのリピーターが良い例ですが、そのリピーターはなぜリピーターになってくれているかを考えたら一目瞭然です。

そのリピーターにとって、自分のサイトが有益だからです。

ホームページを見るユーザーの多くは、暇つぶしか「何か自分の課題を解決したい」というユーザーしかいません。

セグメンテーション(細分化)して考えると、実は単純な構造になっているのです。

そして多くのユーザーは自分の課題を解決できるサイトに興味を持ちます。=自己正当化できるサイトということです。

あなた自身が手抜きをしてそれを自己正当化している様なサイトには誰も来ません。徹底的な努力があって少し数字が動く、これの繰り返しにより良いWebサイトが出来上がってきます。

まとめ

●自己正当化とは、読んで字の如く、自己を正当化する心理現象をいう。

●お客さまに自己正当化をされることが一番の売上アップの近道である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です